メッセージ / 役員紹介

建築家の活動量に比例して、
都市は豊かになる、

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(以下、ASJ)は日本最大級の建築家ネットワークを展開しています。日本で活動する建築家数は概ね8000人といわれていますが、そのうちの2900人近く(約3分の一)の建築家が参加くださり、ASJの活動にご支援をいただいております。

日本の建築家は戦後の復興期に世界に類をみない発展をとげてきました。ただ海外の他の先進国のように市民権を獲得し生活に根付くポジションというより、公共事業を中心としたシンボリズムに傾斜し、一般市民とのコミュニケーションラインは構築されないまま今日に至っています。

そうしたなか「建築家の活動量に比例して、都市は豊かになる、」をコンセプトに2003年の創業以来どうしたら市民と建築家の距離を縮めることができるか様々取り組みをおこなってまいりました。建築家に対応できる工務店の育成、「プランニングコース(PLANNING COURSE)」という建築家の提案サービス、さらに複数の建築家の提案を同時に確認できる「デュアル(DUAL)」の導入、そのサービスをネットで気楽に受けることが出来る「WEB PC」、世界的に権威あるイタリア建築雑誌の日本語版「CASABELLA JAPAN」の発行、アジアにおける若手建築家育機関設立を目的とした「3A構想」など多くの文化活動。

そして、こうした取り組みの中でもっとも注力してきたのが、独自に開発した建築家対応自動積算ソフト「cosnavi」です。これまで時間もかかりミスも多かった見積もりですが、ここでは建築家作成の設計仕様詳細(detail)データをクラウド上にプール、そこにアクセスし選択するだけで正確に見積もりを完成させることができます。文字通りLudwig Mies van der Roheの言う「God is in the detail(神は細部に宿る))です。専門家でないと出来なかった注文住宅の見積もりを消費者でも作成できるようになった、建築家と消費者の距離が一気に縮小した瞬間です。

第4次産業革命といわれる「AI」「IoT」時代に建築家の魅力を最大限にお客様にとどけることがわたしの使命だと考えています。 今後ますます、飛躍するASJの活動をぜひご期待ください。

代表取締役 丸山 雄平
役員紹介
丸山 雄平

丸山 雄平

代表取締役社長

髙橋 恒夫

スタジオネットワーク事業本部
技術開発本部所管

井上 博明

プロデュース事業本部所管

和泉 利治

常勤監査役

川村 健一

社外取締役

山下 和広

社外監査役

津田 和義

社外監査役