3A – Architects Academy Asia –

未来のアジアを背負う世代に夢を。
3A – Architects Academy Asia -は、弊社代表の丸山雄平を発起人として、一般社団法人・日本建築設計学会によって立ち上げられられた企画です。
ASJは発足以来日本の建築家の流動性を高める活動を行ってきました。その流動性を国内だけに止まらずアジア全体に広げることで欧米圏にはない新しい都市形成のメカニズム構築をめざしています。
ASJは3Aを通してアジアの学生を支援し、都市と建築の未来を構想します。
3A Architects Academy Asia
3つのポイント
1.
大阪にアジアの優秀な学生や建築家を目指す才能ある若者を集め、
未来のアジアを背負う世代に夢を与えます。
建築文化の成熟期にある日本の建築家や建築・都市が、これから発展していくアジアの学生たちに魅力的な学びの場を与えます。
3Aは建築専門の大学院であり、英国AAスクールの先端的なカリキュラムと教育システムを参考にし、原則として英語を使用言語として教育します。
ユニット制を中心として、多様な建築的課題、トピック、教育手法が提供されています。各ユニットでは、ユニットマスターが用意した課題に基づいて、1年をかけてデザイン、プロジェクトに取り組みます。年度末にはファイナルレヴューと展覧会があり、その成果が世界に発信されます。
2.
アジアの先端的な建築学校と連携し、
人材交流等のネットワークの拠点となることを目指します。
日本建築設計学会では、アジア建築新人戦やアジア建築学生サマーワークショップなどを通じで、アジア各国の大学との連携を築いてきました。この連携をさらに深め、3Aを基点としたアジア全域にわたる建築家ネットワークを構想します。
3Aの卒業生には、日本での高度な建築実務を行うことができる人材となるだけでなくアジア各国の建築家や、大学、企業とのネットワークを通じて、アジアの都市と建築の未来を構想し、実現する試みにおいて、主導的な役割を果たすことが期待されます。
3.
世界の第一線で活躍する日本人建築家がユニットマスターとして直接指導し、
日本の最先端の建築実務を教育します。
小規模なユニットがもつ、挑戦的かつ専門性の高い環境の中で、チュートリアルやワークショップを通して独創的なデザイン戦略を発達させます。
建築デザイン、リーチ実務における高度な水準の教育が提供され、学生は多様なメディアを活用した問題解決能力や判断力を養うことができます。
ユニットでの教育を補完するものとして、最先端のコンピューテーショナルデザイン、日本における実務設計や建築法規などに関する講座が提供されるほか、公開レクチャーやシンポジウム、展覧会などのイベントも開かれ、今日の建築文化の境界押し広げる試みがなされます。
教育プログラム
3A 教育プログラム
スケジュール
2017
3A設立準備、協賛者募集 第2回 アジア建築学生サマーワークショップ in 鯖江&三原
2018
3A設立準備、出資者募集 第3回 アジア建築学生サマーワークショップ
2019
3A設立 プレワークショップ 3A開校 1期生30人募集
3ユニット
30人在校
2020
2期生30人募集
5ユニット
60人在校
3A設立に向け「賛同者」を募集しています。
3Aの設立にご賛同いただける各種団体、個人等を募集します。
詳しくは日本建築設計学会事務局までお問い合わせください。 [事務局]
一般社団法人 日本建築設計学会
〒530-0047 大阪市北区天満2-8-1 大江ビルジング412号
Eメール:office@adan.or.jp
ホームページ:www.adan.or.jp